東京都内のおすすめお花見スポット!5選





 
Fotolia_102514334_Subscription_Monthly_M

花粉症の方には辛い時期ですが、日本人なら誰でも心が躍るお花見の季節がやってきました。

みんなでワイワイ盛り上がったり、カップルでしっとりとお散歩されたり、家族でピクニック気分など、沢山の楽しみ方がありますが、今回は、「都内の魅力的なお花見スポット!5選」をご紹介します!

目次

1、六本木ヒルズ毛利庭園、六本木さくら坂

2、浜離宮恩賜庭園

3、ホテル椿山荘

4、砧公園

5、六義園


Sponsored Link





 

1、六本木ヒルズ毛利庭園、六本木さくら坂

Cherry blossoms at Roppongi hills Mouri garden in Tokyo

 

都会の象徴、六本木ヒルズ内の総面積4,300平方メートルの「毛利庭園」には、六本木ヒルズ開発前から根をおろす8本のソメイヨシノ。

また六本木けやき坂に並行している「六本木さくら坂」には75本のソメイヨシノが400メートルの桜並木を作りだし、3月下旬からのライトアップが幻想的な雰囲気を醸し出します。

 

(1)最寄駅

地下鉄六本木駅

 

(2)人気の理由

人ごみや、屋台などのお祭り感はないですが、都会の中にぽっかりと現れた桜の空間を満喫できます。

 

(3)特徴

古くから佇む毛利庭園のソメイヨシノと六本木ヒルズができた時に植えられた、さくら坂のソメイヨシノ。それぞれを味わう事が出来ます。

 

(4)楽しみスポット

夜桜をレストランからゆったりと観賞

六本木さくら坂なら、37 ステーキ&バー。毛利庭園なら、毛利サルヴァトーレ クオモがおすすめです。大人の桜を満喫しましょう。

 

 

2、浜離宮恩賜庭園

Fotolia_63531669_Subscription_Monthly_M

 

徳川家ゆかりの庭園。3月26日から開園時間が1時間延長され、18時までゆったりと桜を堪能出来ます。

ソメイヨシノの満開を過ぎるとヤエザクラが。その他にもウコンザクラやギョウイコウなどめずらしい品種の桜も観賞することが。

 

(1)最寄駅

都営大江戸線、ゆりかもめ 汐留駅

 

(2)人気の理由

ビルに囲まれながらも歴史ある美しい庭園で優雅な時間を過ごすことが出来ます。

 

(3)特徴

お花見は庭園観賞のみで、宴会などは禁止です。

 

(4)楽しみスポット

さくらを間近で楽しんだ後には、コンラッド東京の28階にある、バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」へ足を運んでみて下さい。浜離宮を眺めながらのアフタヌーンティーや、夜桜観賞も素敵です。

 

 

3、ホテル椿山荘

500_10761588

 

椿山荘は約20種類120本の桜が庭園で咲き乱れます。比較的早い2月中旬頃から河津桜や、寒緋桜などが咲き始め、4月まで切れ目なく堪能することができます。

ライトアップされた夜の庭園も魅力があり、またホテル近くを流れる神田川沿いの2キロにわたる桜並木も見ごたえがあります。

 

(1)最寄駅

JR目白駅

 

(2)人気の理由

ホテルならではのゆったりとした食事に加え、見事な桜の数々を一望できます。

 

(3)特徴

都会の中の森と言えるほどの迫力を味わえるでしょう。

 

(4)楽しみスポット

庭園を一望できるロビーラウンジ。優雅なひとときを過ごしましょう。

 

4、砧公園

Fotolia_79118420_Subscription_Monthly_M

 

都心の数ある中でも、ここ砧公園は世田谷の住宅街にあることから非常に落ち着いた公園です。

芝生が敷き詰められているファミリーパークではお弁当を広げて、のんびりと過ごす事が出来ます。

なんといっても840本の桜は圧巻です。ソメイヨシノやシダレザクラまで様々な種類を満喫できます。

 

(1)最寄駅

東急田園都市線用賀駅から徒歩20分

 

(2)人気の理由

家族で楽しめる広大な敷地では子供達が思いっきり遊ぶ事が出来、駅から離れているにもかかわらず、毎年8万人も訪れています。

 

(3)特徴

大木が多く枝が地上近くまで伸びていているので、目線にも桜を堪能できます。

火器厳禁でごみは持ち帰り、バーベキュー、カラオケ、ペットなどは禁止です。

 

(4)楽しみスポット

砧公園内にある、世田谷美術館近くのレストラン、ル・ジャルダンはガラス張りの解放感ある最高のスポットです。是非お立ち寄り下さい。

 

5、六義園

Fotolia_86734616_Subscription_Monthly_M

 

都内のたくさんの魅力的な桜のスポットの中でも、ここ大名庭園「六義園」は見事なしだれ桜が咲き誇ることで有名です。

この大名庭園は、江戸幕府五代将軍徳川綱吉の側用人である、柳沢吉保が自ら設計して、造営したとされています。

ソメイヨシノ、ヤマザクラ等、園内では数十本の桜が堪能できますが、その中でも正門近くにある樹齢60年のしだれ桜は、幅約20m、高さ15mもある壮大な大木で圧巻です。

ライトアップされた夜の佇まいも息をのむような美しさです。

 

(1)最寄駅

JR山手線・東京メトロ南北線、駒込駅 徒歩7分

 

(2)人気の理由

国指定特別名勝の素晴らしい庭園が魅力です。

 

(3)特徴

お花見では酒宴やペットは禁止となっています。

 

(4)楽しみスポット

園内にある抹茶茶屋は、吹上茶屋と、心泉亭の二か所あります。お抹茶と和菓子のセットで、風情あるお花見気分を味わえるでしょう。

 

 

まとめ

日本人の心に響く桜。出会いと別れのこの季節を染めるピンク色の花びらに人々は引き寄せられます。つぼみから満開、そして桜吹雪。その美しさと儚さを、皆さんはどんなお花見スポットでどのように誰と楽しまれますか?

都内で桜を満喫するためのご参考になりましたら幸いです。


Sponsored Link