電力自由化について知っておきたいこと





 
Fotolia_77547000_Subscription_Monthly_M

ご存知の通り、2016年4月から電力小売の完全自由化が始まり、どんな事業者でも電力を販売することができるようになりました。今の供給者から変更するべきか、それとも今のままにするか、選択の幅が広がり迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

また2017年4月にはガス小売も自由化され、ますます選択肢が増える事になります。

そこで今回は、開始されたばかりの電力自由化についてのお役立ち情報をご紹介します。

 

目次

1、電力自由化とは

2、電力自由化の背景

3、電力自由化のメリット

4、電力自由化の準備

5、電気料金プランの選び方とおすすめプラン

 


Sponsored Link



 

1、電力自由化とは

a4541fac4ab751b3ec9f6883c40ee73b_m

 

今まで電力は、東京電力や関西電力などの電力会社10社によって供給されてきましたが、これらの電力会社以外から電力を購入できるようになりました。2016年4月1日には小売り(家庭向け等)が規制緩和されたことにより全面自由化され、2016年は「電力自由化元年」とも呼ばれます。

 

 

 

2、電力自由化の背景

8625d1708c6b8b045cd14943d9fa31ac_s

 

電気は、ガスや水道などと同様に私たちの生活に欠かすことのできない重要なインフラで、電気、ガス、水道、電話など、日常生活において絶対不可欠なため、ライフラインと呼びます。

この電力は、東京電力や関西電力など各地域の電力10社が発電から送電を行っています。インフラを扱う為に国や地域の規制が多く、民間企業にもかかわらず、ほぼ公的機関と同様の経営を行い、各地域に1社の電力会社が電力を供給。そのため市場競争が働かず、電気料金は高騰しました。

 

そこで1993年に当時の総務省が規制緩和について言及・提言し、1995年に31年ぶりに電気事業法が改正され、発電を新規参入企業が行うことができるようになりました。その後、1999年、2003年、2008年、2013年に電気事業法は改正され、規制緩和は、大規模工場やデパート、中規模工場やスーパーマーケット、事業所やコンビニや家庭へと広がり、ついに2016年4月の全面自由化となりました。

 

comparison_chart

出典:経済産業省 資源エネルギー庁ウェブサイトより

 

経済産業省の資源エネルギー庁の公表している登録小売電気事業者数は、2016年4月1日時点で280社あり、そのうち一般家庭への販売をしている、または予定している事業者は90社にもなります。

出典:経済産業省資源エネルギー庁

 

 

 

3、電力自由化のメリット

17b53369a9ae4d4b097224225a8ed3d5_s

電力の小売自由化が開始されたことによって消費者には以下のメリットがあります。

 

(1)電気料金の値下げ

今までは電力会社がほぼ寡占状態で電気料金に市場の競争が働きませんでしたが、新規参入によって価格競争、電気料金の低下が期待できます。

 

 

(2)他サービスとのセット割引

別のサービスを行っている企業も参入するため、各企業が行っている従来のサービスとのセット販売で実質電気料金の値下げを期待できます。

 

例:

① ケータイ電話料金 + 電気料金 = ○○円割引

② インターネット + 電気料金 = ○○円割引

③ ガス料金 + 電気料金 = ○○割引

 

 

(3)サービス品質の向上

電力業界は今まで国の規制や法律などに守られてきたため、顧客に対するサービスや満足についての対応が弱いと言われてきました。電力会社も顧客を失わないように、料金の値下げだけではなく、サービスや品質の向上も期待できます。

 

 

自由化により、各社顧客獲得のために様々な料金体系やサービスなどを打ち出すので、消費者にとっての選択肢が増えます。市場自体も競争環境が活況になり、相互にメリットが出てくるのではないでしょうか。

 

 

 

4、電力自由化の準備

c0d33cb2a0d868a8d809538fba0a9049_s

 

新しい電力事業者に変更する場合、スマートメーターの設置が必要となります。

 

 

(1)スマートメーターとは

通信機能が備わった電力量を計測するメーターのことです。

通信機能があることで、契約アンペアの変更や電機の使用量の検針などを遠隔操作で行うことができます。また電力量データを通信によって30分おきに記録する事ができるので、電気使用量の「見える化」に利用することができます。

smartmeter

出典:三菱電機ウェブサイト

 

 

(2)スマートメーター設置の手続き

メーターの管理は電力会社などの電気事業会社が設置・管理するため、各地域の電力会社(関東エリアなら東京電力)に問い合わせるのが良いでしょう。設置工事などの費用はかかりません。

日本の施策として、2020年代頃までに全世帯にスマートメーターの設置を目標としているので、電力会社の乗り換えを行わなくても、現行メーターの交換時期(通常10年ほど)に合わせて順次切り替わっていきます。

 

 

(3)スマートメーターのメリット

①人件費の削減

従来のように検針員が各メーターまで足を運ぶ必要がなくなるため、電力供給企業は人件費を削減することができます。

 

②省エネ対策

電力量の「見える化」によって最適な電力プランを模索することができ、お金の節約や省エネにもつながります。例えば、単身のサラリーマンは平日昼間の時間帯が安くなるプランを選べるようになるかもしれません。

 

 

(4)スマートメーターの課題点

①雇用の減少

人件費の削減と同じですが、検針員が必要なくなるため、雇用の減少につながります。

 

②プライバシー保護

定期的に電力使用量を調べることでその人の生活リズムが予測できるなど、プライバシーを保護する対策が必要となります。

 

 

(5)電気事業者が破産や事業撤退してしまったら

切り替えた小売電気事業者が何らかの理由で破産してしまった場合でも、送電が止まるわけではありません。他の電気事業者を選んで契約する必要はありますが、電力会社(一般送配電事業者)は2020年3月末まで、現在の標準的な料金で経過措置として家庭への電気の供給が、義務化されていますので、慌てずに新たな電気事業者を探しましょう。

 

経過措置の終了後も一般送配電事業者が、次の小売電気事業者が見つかるまで電気の供給を実施する「最終保証供給」が義務付けられているので、安心して探す事が出来ます。

 

 

 

5、電気料金プランの選び方とおすすめプラン

Fotolia_99798634_Subscription_Monthly_M

 

勤労単身者の電気代

総務省発表の家計調査の勤労単身世帯の2015年の月平均電気代は、

4,302円(年平均51,626円÷12ヶ月)です。

2011年からの5年間で見ると、電気・ガス・水道の合計の45〜47%を占めているようです。

 

elec_chart

elec_table

出典:総務省統計局より

 

電力自由化が始まった2016年4月1日現在、選べる電気料金プランは200プラン以上にもなります。

この中からどのプランを選ぶか迷いますよね。ここではその中から選び方についてご紹介します。

 

(1) 電気料金比較サイト

現在使用している電気代や電気使用量、契約アンペア、世帯人数などを入力すると、今支払っている電気代からいくら得になるかを計算してくれるサイトです。他の電力会社の提供しているプランと比較でき、また同サイトから申し込みもできるので便利です。

 

<主な条件>

世帯:勤労単身者

従来の電力会社:東京電力

契約種別:従量電灯B

契約容量:40アンペア

電気代:年間およそ51,626円(月平均4,302円 )

 

 

① 価格.com

様々な商品やサービスなどの価格の価格を比較するサイト。37社、247プランから選べます。

kakaku.com

出典:http://kakaku.com/energy/

 

<おすすめプラン>

Looopでんき おうちプラン(関東エリア)

 

1年間の電気代:      51,708円

想定の電気代:          47,733円

1年間の節約額:       3,975円

 

基本料金が無料で、従量料金が一律26.00円のシンプルなプランです。生活のリズムがある程度決まっていて、大きく電力を使用する時間帯がない方におすすめのプランです。

 

energy

出典:http://kakaku.com/energy/

 

 

② エネチェンジ

電力自由化の先進国イギリスのケンブリッジ大学発のベンチャー企業が運営するサイト。月の電気料気やその他の必要項目を入力することで、エネチェンジ独自のアルゴリズムでより高精度なシミュレーションが可能です。

enechange

出典:https://enechange.jp/

 

<おすすめプラン>

東京ガス ずっとも電気1(東京ガストリプル割適用)

 

1年間の電気代:      51,583円

想定の電気代:          47,949円

1年間の節約額:       3,634円

 

東京ガスとの契約があり、指定のインターネットプロバイダとの契約がある場合セット割引を受けることができます。またTポイントや楽天スーパーポイントなどのポイントサービスとの交換や、クックパッドの人気順検索の有料サービスが無料になるなどの特典サービスも受けることができます。

energy1

出典:https://enechange.jp/

 

 

(2) セット割から選ぶ

たくさんの電気事業会社から選ぶのは難しいという方は「セット割」から選んでみてはいかがでしょうか。既に契約があるサービスなどから選ぶので、選択肢も絞れ、請求書もまとめることができます。

 

① ガス会社

東京ガスや大阪ガスなどのほとんどのガス会社が、電力と一緒に契約するセット割プランを提供しています。生活に不可欠な電気・ガス・水道のうち2つを一緒に契約できるため、引っ越しなどの際にまとめて契約を解約したり変更したりすることができ、簡略化できます。

 

電気+ガス セット割プランの提供会社例(提供エリア)

  • 東京ガス(関東)
  • 大阪ガス(近畿)
  • 東邦ガス(中部)
  • 中央セントラルガス(関東)
  • 静岡ガス(静岡)
  • 北海道ガス(北海道)
  • 西部ガス(九州)

 

 

  • 東京ガス

東京ガスでは契約すると、1契約ごとに電気料金の基本料金が月額270円割引されます。

energy2

出典:http://home.tokyo-gas.co.jp/

 

 

 

②携帯電話会社

現在使っているスマートフォンや携帯電話のキャリアが提供する電気サービスを契約することで携帯電話の料金を下げることができます。ただし、携帯電話のキャリアを変更したいなど解約に伴う手続きが複雑になる可能性があるので、解約条件をしっかりと把握した上で契約しましょう。

 

電気+携帯電話料金セット割プラン提供会社例

  • KDDI(auでんき)
  • ソフトバンク(ソフトバンクでんき)

 

 

  • auでんき

契約すると毎月の電気料金は変わらず、使用した電力に応じて、電気料金の1〜5%が、au Walletにキャッシュバックされます。

energy3

出典:http://www.au.kddi.com/electricity/

 

 

  • ソフトバンクでんき

世帯人数やライフスタイルに合わせたプランから選択ができます。「携帯電話+電気」に加えて、「インターネット」も契約する「おうち割」プランでお得感もあり、請求書の一本化もできます。

energy4

出典:http://www.softbank.jp/energy/

 

 

  • NTTドコモ

2016年4月現在、ドコモが単独で行う電力提供サービスを発表していませんが、dポイントとして以下の事業会社と提携しています。

 

dポイントでの提携先例

  • 東京電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 東京ガス、など

 

 

(3)再生可能エネルギーから選ぶ

環境に配慮したいという方は、太陽光発電や風力発電などを利用した再生可能エネルギーを検討してみてはいかがでしょうか。現在、再生可能エネルギーのみで電力を提供している事業者はいませんが、再生可能エネルギーを多く扱っている事業者を選択肢として考えてみるのも良いかもしれません。

 

環境に良い再生可能エネルギーでの発電コストは基本的に高いので、日本では再生可能エネルギーの普及目的のため、2012年7月よりFIT制度(固定価格買取制度、Feed-in Tariff)を開始しました。これは再生可能エネルギーを使って発電した電気を、電力10社が一定期間、固定の金額で買い取ることを国が義務付けたものです。

 

再生可能エネルギーからの調達を中心とした電力提供会社例

  • Looop
  • みんなの電力
  • 千葉電力
  • 水戸電力、など

 

 

  • パワーシフト

再生可能エネルギーからの調達を中心として新電力を応戦するサイトです。こちらも参考にしてみてください。

energy5

出典:http://power-shift.org/

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「電力の自由化」が開始され、どの事業者が安いのか、どんなセットプランにしたらお得なのか、また環境によいものはどれかなど、色々迷われている方も多いかと思います。

この機会にご自身の電気料金やライフスタイルの見直し、一番適切なプランを比較してみてはいかがでしょうか。

また、2017年には「ガスの自由化」が開始されますので、それを見据えてプランを探すのも選択肢のひとつとなります。

生活していくうえで必要不可欠なエネルギー選択のご参考になれば幸いです。


Sponsored Link