ふるさと納税の仕組みについて徹底解説!





 
Fotolia_118454268_Subscription_Monthly_M

 

国民の三大義務の一つに納税の義務があります。この納税の負担を軽減できる方法の一つとして話題になっているのが「ふるさと納税」です。

ふるさと納税を上手に活用すれば、税金の負担が軽減でき、さらにお礼の品物までもらうことができます。

そこで今回は、ふるさと納税の基本的な仕組みなど徹底的に解説したいと思います。ふるさと納税を理解して、お得な納税を実践してみましょう!

 

 

 

目次

1、ふるさと納税とは

2、控除額の計算方法

3、ふるさと納税の活用方法
Sponsored Link




 

 

 

1、ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、基本的には任意の自治体に対して寄付することを言います。例えば、A市のお礼の品物が欲しいので、A市にふるさと納税をするというようにして、まずは場所をどこにするのか決めます。

 

ふるさと納税を行うと、その寄付金額から2,000円を引いた額が「住民税」と「所得税」から控除されます。

 

つまり、ふるさと納税で寄付した金額の合計は「控除額+2,000円」という形で表現することができます。

実質的に「2,000円」を支払い豪華なお礼の品物がもらえるという事と同様になります。控除額は「所得税から控除される額」と「住民税から控除される額」に分けられます。

しかし、どれだけの金額が控除されるのかは、自分の所得や家族構成などによっても異なるため、上手にふるさと納税をしないと負担額が2,000円を超えてしまうこともあります。この点を理解しておきましょう。

 

では、負担額を2,000円に収めるためには、どうすれば良いのでしょうか?

この疑問を解消するため、ふるさと納税による控除額の計算を学んでおきましょう。ふるさと納税の控除額については、後述する計算式を参考にしてください。

 

 

 

 

2、控除額の計算方法

Fotolia_96968573_Subscription_Monthly_M

 

まずは所得税から控除される金額の計算式です。

 

(1)所得税から控除される額=(ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」

 

所得税の税率は課税所得によって変動します。そのため、自分の所得税の税率を知っておく必要があります。

ご自身の所得税率の詳細については、国税庁のホームページをご参照ください。

 

tax

出典:https://www.nta.go.jp/

 

次に住民税から控除される金額の計算式です。こちらは「基本分」と「特例分」があり、特に特例分の計算によって、負担額が2,000円を超えるかどうかがわかるため、ここを重点的に注意しておきましょう。

 

(2)住民税の控除額(基本分)=(ふるさと納税額-2,000円)×10%

 

(3)住民税の控除額(特例分)=(ふるさと納税額-2,000円)×(90%-所得税の税率)

 

さて、ここがポイントになりますが、(3)の計算式で導き出した金額が「住民税所得割額の20%」を超えていませんか?

 

もしも超えてしまっていた場合は、負担額が2,000円を超えてしまうことになりますので、住民税所得割額の20%までに抑えるようにしましょう。

また超えてしまったとしても、ふるさと納税ができない訳ではありません。ただ、負担額が2,000円を超えるだけです。本当の意味で寄付したいという気持ちであれば、超えていても問題はなく、その場合の特例分は、次の計算式で求められます。

 

(3)住民税の控除額(特例分)=(住民税所得割額)×20%

 

このようになります。

 

※住民税所得割について

住民税所得割は、所得に対して課される住民税のことです。以下の計算式で求められます。

(*)住民税所得割=(前年の所得額-所得控除額)×10%-税額控除額

住民税所得割は「前年の所得」が基本です。つまり、前年の所得がいくらだったのかを考えて、計算式に当てはめてください。

 

 

 

 

3、ふるさと納税の活用方法

Fotolia_102673547_Subscription_Monthly_M

 

ふるさと納税について、控除を受ける場合には確定申告が必要です。そのため寄付を行う際、ふるさと納税をした証明書などをもらう必要があります。

また「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が適用され、こちらは確定申告をする必要がない給与所得者などが「ふるさと納税をする自治体の数を5つ以内にする」ことで確定申告が必要なくなる制度です。

この制度を利用すると面倒な手続きがなく、所得税が控除される額も含めて、控除額の全てがその翌年度の住民税から控除されることになります。

 

また、面倒な手続きが必要ない「楽天」を活用するという方法もあります。

楽天市場などで買い物をする方は、楽天IDを活用すれば、ふるさと納税の申請でも自動的に登録情報が用いられるため、入力などの作業が必要なくなります。しかも、1%の楽天ポイントももらえ、楽天カードを利用しておけば、さらに1%分のポイントもつきます。ポイント分があるため、通常のふるさと納税の2,000円よりもお得となります。

ただし、一部の自治体ではこの方法が使えないこともありますので、よく確認してからふるさと納税をするようにしましょうね。

 

 

 

 

まとめ

Fotolia_90149113_Subscription_Monthly_M

 

いかがでしたか。

ふるさと納税は、仕組みの全てを理解するには難しい部分もあります。細かい計算も必要になりますし、十分に理解していないと、負担額が2,000円を超えてしまうこともあります。

基本的には「2,000円」を負担するだけで、色々なお礼の品物がもらえる上に税金の軽減まで行われる便利なシステムです。特定のクレジットカードなどを上手に活用すれば、負担する2,000円以上のポイントがもらえることもあります。

中には、ふるさと納税の使い道を指定できる自治体もあるので、自分が希望する使い方をしてくれる自治体を選ぶという選択も出来ます。よく考えて、上手に活用したいですよね。

 

Sponsored Link