今日から始める英会話!家庭で学習できる英語教材5選!





 
fotolia_100948040_subscription_monthly_m

英会話には苦手意識がある方多いのではないでしょうか。しかも、学生時代に勉強した英語は「文法」など、試験対策がメインでした。そのため、英会話ができない方も大勢います。

そこで、大人が基礎から始めることができる英会話の学習教材を紹介します。簡単な日常会話からビジネス英語まで、役に立つ英会話教材を5つ厳選しました。英会話を勉強する時の参考にしてください。

 

 

 

 

1、NHKラジオ英語講座

2、どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

3、ネイティブスピーク

4、英語高速メソッド日常英会話集/ビジネス英会話集

5、スピークナチュラル

 

 

Sponsored Link




 

 

英会話の学習を始める前に

 

英会話の学習をする時、教材はどうやって選ぶのが良いのでしょうか?

まずは「自分のレベル」を把握するところから始めます。例えば、中学生レベルの基本の英語を難しく感じる方が、通訳レベルの英会話教材を使っても全く意味はありません。自分のレベルを最初に把握するのが大事です。

 

また、英会話の学習をするのであれば、単語帳を作るようにしましょう。学生時代に使っていたような英単語を覚えることだけが目的になっているような単語帳ではなく、「普段の生活で使っている日本語を英語にした英単語」を書き込みましょう。また、 「例文」も書いておくことで、その英単語の使い方が理解できるようになります。

 

それでは英会話教材を5選紹介致します。

 

 

 

 

1、NHKラジオ英語講座

en1

出典:https://www2.nhk.or.jp/

 

英語の資格試験の一つである「TOEIC」で高得点を取った方の多くが推奨するのが、この「NHKラジオ英語講座」です。

テキストだけを書店で購入すれば、あとはラジオを使って学習が進められます。

また、学習内容も初心者レベルから上級者レベル、ビジネス英会話などまで細かく分けてあるため、自分のレベルに合った内容で英会話の学習ができる点も高評価です。 テキストが低価格なので、比較的安価で英会話学習が始められます。

 

 

(1)オススメポイント

この「NHKラジオ英語講座」のオススメポイントは、ラジオを使って英会話の学習ができる点です。

時間になればラジオから講座が流れてくるので、学校で授業を受ける感覚に近いと言えるのではないでしょうか。ラジオを聞くという習慣が身につけば、英会話学習にも自然に入りやすくなります。

また、CDがセットになっているテキストを購入すれば、放送がない時でも学習を進められます。近年は、発音練習ができるアプリがあったり、ストリーミング配信がされていたりするなど、新しい技術にも対応しているため、格段に利用しやすい環境になっています。

 

 

(2)価格について

テキストは、紙版とデジタル版があります。2016年4月号からの価格は、紙版が「486円」で、デジタル版が「410円」です。デジタル版の方がかさ張らないですし、価格も安くなっているので、デジタル版の方がオススメです。

また、定期購入をしたり、まとめて購入したりすると、価格が安くなることもあります。通販サイトでは一般書籍と同じでポイントがつくこともありますので、自分に合った上手な購入が良いですよ。初めは、書店で1冊だけ買ってみるのが良いかも知れませんね。

 

 

(3)教材の内容について

基礎英語

テキストにはマンガが多用されていて、とても読みやすい教科書という雰囲気の内容になっています。ポイントになる箇所は強調されていたり、表現がピックアップされていたりして、かなり分かりやすい印象です。

また、放送の前に学習するポイント、放送を聞きながら考えること、放送の後にすることなどまで解説しているので、英会話の学習方法で悩むことも少ないと思います。

 

ビジネス英語

挿絵が少なく教科書に近い雰囲気になっています。また、ビジネスシーンで使われることが多い表現、英単語を会話例文とともに勉強していきます。ミーティングなど、実際のビジネスシーンを題材にした表現が学べる点が良いと言えます。

 

 

(4)メリットとデメリット

メリット

ラジオ講座なので英会話学習に行き詰まることが少ない点です。また、CDやストリーミング配信にも対応しているので、いつから英会話学習を始めても良いと言えます。

安価でテキストが買える点やラジオ講座という一人でも続けやすい点などは、大きなメリットです。ラジオ講座を聞いている方も多くいるので、SNSなどで同じ状況の方と交流することもできると思います。また、テキストを買わずに、試しにラジオ講座だけを聞いてみるということができる点も、他の教材よりも優れている点です。

 

 

デメリット

一方で、ラジオ講座ということもあり、自分の学習進度に関係なく進むのはややデメリットです。ラジオ講座とペースが合えば問題ないのですが、早かったり遅かったりすると学習が上手く進まないこともあります。

 

 

 

 

2、どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

en2

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

英会話の学習方法の一つに「瞬間英作文」というのがあります。こちらは日本語を聞いたら、ほぼ同時にそれを英語にする学習方法です。つまり、今から言おうとすることを英語にして口に出す練習をする訳です。そのための学習テキストが「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」です。

瞬間的に英文を作る能力は、英会話をする時には欠かせない能力です。英作文の練習に特化した英語教材となっています。

 

 

(1)オススメポイント

様々な表現の定番を学習しながら、瞬間的に英作文をする能力が身につく点です。

例えば、過去形、受動態など、その文法を用いた定番の表現を身につけることで、その表現を発展させて英作文の能力を高めることができます。

英会話で最も困るのは「言いたいことが言えない」が、この瞬間的に英作文をする能力で鍛えられるのはとても嬉しい点です。発音が完璧でなくても、相手も聞こうという努力をしてくれるので、英会話をしたい方の強い味方になります。

 

 

(2)価格について

こちらは市販の英会話教材です。この「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の定価は「1,944円(税込)」です。また、CDが付いていないデジタル版もあり、「1,080円(税込)」で購入できます。CDがある方が便利ですが、テキストだけでも十分な練習はできますので、自分に合う方を購入すれば良いでしょう。

また、専用のアプリが販売されていて、こちらは「1,200円」でGoogleplayやApp Storeなどから購入可能です。文例や文型の学習ができますし、日本語を聞いて英語を自分で言う練習などもできます。日本語・英語の音声を自由に「ON/OFF」できる点も便利です。

 

 

(3)教材の内容について

教材の内容は非常にシンプルです。テキストでは左ページに日本語が書いてあり、右ページには英文が書いてあります。それぞれが対応しているので、日本語を隠すなどして瞬間的に英文を言う練習をするだけです。CDを併用すれば、かなり使い勝手は良いです。

基本的な文型でも、文章は短い物から少し長い物まで様々です。

例えば、次の文章が教材にあります。

I went to the library yesterday.

(私は昨日図書館に行った。)

 

これが言えるようになれば、図書館を市役所などにしても言えますよね。このように短い文章で言いたいことが言えるようになるので、英会話に対する苦手意識も少なくなると思います。

 

 

(4)メリットとデメリット

メリット

一人でコツコツと学習するだけで、英会話で言いたいことを言えるようになっていけそうです。また、多くは中学生レベルの短い英文なので、丸暗記に頼らなくて良いとも言えます。

 

デメリット

文型の詳しい解説がなかったり、同じ意味を持つ英単語の使い分けが詳しく書かれていなかったりすることもあります。

 

言いたいことが言えるようになるためには、瞬間英作文が一番良いという英会話学習の経験者は非常に多くいます。しかも、瞬間英作文の能力は、ほとんどの方が練習量に応じて実力をつけることができる能力です。

簡単で短い文章でも英会話ができるようになれば、英会話が楽しくなります。すると、英語を使う機会も増えるので、英会話学習の入り口にはとても良い教材です。上手に応用すれば、ビジネスシーンでも使える表現は多数あります。とにかく、楽しく英会話ができるようになりたい方に向いています。

 

 

 

 
Sponsored Link




 

3、ネイティブスピーク

en3

出典:http://native-speak.jp/infotop/5/

 

こちらは通販サイトで購入できる英会話教材です。特に「英語の発音」を正確に学ぶことができて、ネイティブスピーカーに英会話が通じないと悩んでいた方から高い評価を得ています。

また、発音学習については、英会話を学ぶ際の基本とも言えます。正しい発音が身についているからこそ、英語がシッカリと身につくと考えられるからです。しかも、英会話の発音学習を最初に行うことで、クセのある話し方になったり、通じない英語が身についたりしないと言えます。そのため、英会話の学習を始める時には、一番に使いたい教材と言えます。

 

 

(1)オススメポイント

一般的な英会話教材では分かりにくい「英語の発音」が、とても分かりやすく学習できることです。

一般的な英会話教材では、本でイラストを見ながら発音練習を行ったり、DVDなどで誰かが発音をしている様子を見て自分で練習したりします。この「ネイティブスピーク」では、もう一歩踏み込んだ学習ができます。それが「口の中の様子をCGで見る」ことができる点です。

日本語でも英語でも、発音を行う際には口だけではなく、ちゃんと舌も動かしています。

この「ネイティブスピーク」では舌の動かし方をCGで再現しています。そのため、他の教材よりも発音の方法がより分かりやすいと言えます。これにより、かなり正確な発音が練習できます。

出典:http://native-speak.jp/infotop/5/

 

(2)価格について

公式サイトでは、送料無料で「12,800円」となっています。

 

 

(3)教材の内容について

教材の内容は、テキスト、2枚のDVDです。今はオマケで、練習用のCDもついているようです。

DVDで学べるのは、母音の発音、子音の発音、リエゾン、英語独自のリズムなどです。また、ネイティブスピーカーが発音している様子を前と横からの映像で見られる上、口の中で舌をどのように動かしているのかがCGで確認できます。これで口の開き方や舌の使い方などが分かるので、正確な発音を身につけられます。

この教材では「母音」と「子音」のそれぞれの発音を学ぶことができるため、教材に登場しない英単語が出てきても発音記号さえ分かれば、正確な発音が可能になります。

また、リエゾンも勉強できるので、より英語らしい発音を身につけられて、ネイティブに通じやすい英会話が身に付くことになります。

 

 

(4)メリットとデメリット

メリット

こちらの教材は、正確な英語の発音を身につけるための教材です。そのため、発音学習の面では優れた教材と言えます。普通の教材では口の中の様子までは一切分からないので、素早く正確な発音学習ができるのは大きなメリットでしょう。

 

デメリット

発音以外には勉強できないのはデメリットです。確かに他の教材と組み合わせて使うことで耳にした英語の理解が早くなり、英会話を身につけやすくなります。どうしても他の教材と併用しなければならないので、大きな出費になる恐れもあります。

 

発音学習では、見たり聞いたりしただけでは十分とは言えない面があることも確かです。その足りない部分を補って、分かりやすい発音学習ができる点ではオススメですある程度英会話の勉強をして、もっと英語が通じるようになりたいと思った時には使いたい教材です。

 

 

 

 

4、英語高速メソッド日常英会話集/ビジネス英会話集

en4

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

日常生活のワンシーンを英語にして、そこで必要になる英語表現や英単語などを学習していくのがこちらの「英語高速メソッド日常英会話集」です。また、高速リスニングという技術で、耳や脳を英語のネイティブのようにするというのが特徴です。

日常生活(ビジネス英会話集はビジネスシーン)をモチーフにしたストーリーになっているので入り込みやすく、実際に使える英会話が学べる点が高評価の理由です。

 

 

(1)オススメポイント

数十万部も売れている実績があり、近所の書店でも気軽に手に取れる点はオススメです。また、日常生活やビジネスシーンなど、実際に英会話を使う状況を想定して学習できる点は良いでしょう。

また、付属のCDによって、十分なリスニング力をつけられる点もオススメポイントです。テキストとCDで、リスニング、スピーキングなどがバランス良く学習できる教材であることも多く活用されている理由でしょう。

 

 

(2)価格について

英語高速メソッド日常英会話集、英語高速メソッドビジネス英会話集ともに「1,944円」で販売されています。

また、著者の「笠原禎一」氏は、他にも多くの英語教材を手がけており、同シリーズの「やり直し英会話集」や「旅行英会話集」なども出ています。どれも「2,000円」未満でありながら、英会話の学習では高い効果があったという評価がたくさんある教材ばかりです。

 

 

(3)教材の内容について

テキストと3枚のCDを使って、英会話を勉強していきます。

英語の語順を変えないで理解できるようにしていくことに1つのポイントが置かれています。 英語では日本語と違って語順を変えてしまうと全く違う意味になることもあります。そこで、英語を聞いたそのままで理解できるようになることがポイントとして紹介されています。

また、教材の中では「笠原訳(英語の語順ままで理解していく)」という物と高速リスニングを使うことで、ネイティブに近い耳や脳が得られるメソッドを体験できます。

実際に学習するシチュエーションは、病院や郵便局、レストランなどになっているので、海外でも英会話として使いやすい状況ばかりです。ビジネス英会話でも会議、M&Aなどの状況が想定されているので、海外の方とビジネスをする時にも役立つと思います。CDでは高速の英語を聞いて、その後で日本語を続けて聞くことで脳に焼き付けるという学習方法も体験ができます。

 

 

(4)メリットとデメリット

メリット

コストパフォーマンスは良いと言えます。特にテキストとCDが3枚で2,000円を切るような英語教材は少ないです。また、高速の英語を聞くことで、早口で話すことが多いネイティブの英語も聞きやすくなったり、理解しやすくなったりします。つまり、耳が速い英語に慣れるということです。

 

デメリット

一方で、CDなどを聞くだけではなく、英文法や英作文の学習は必要であると考えている利用者が多くいるのも事実です。ある程度は地道な学習も併用して行うべきでしょう。会話集ですので、応用力をつけるためにも長く学習する必要があるかもしれません。

 

コストパフォーマンスの良さがありますし、英語を高速にしてあっても聞きづらいということもありません。早回し再生では聞きづらくなるだけですから、その点ではこの教材を使うのが良いのかもしれません。

こちらは多くの英語教材が販売されている中で、最も高く評価されている教材と思われます。

 

 

 

 

5、スピークナチュラル

en5

出典:https://speak-n.com/

 

母親がゆっくりと優しく語りかけるような体感しながら、英会話を身につけられる英会話教材が「スピークナチュラル」です。

他の英会話教材と違って、赤ちゃんが言語を習得する過程をヒントにして作られているため、とても無理がない学習内容となっています。大きな特徴は「スローリスニング」です。先にご紹介した「英語高速メソッドシリーズ」とは真逆の発想ですが、こちらの方が合うという方も多くいます。

日本語でも正しい文法だけで話していないことにも着目して、英文法にはこだわらず、自然な会話だけを意識して作られています。そのため、学習する英語は7語以下で作られているシンプルな物だけで、初心者にはピッタリです。

 

 

(1)オススメポイント

英会話の学習がピンポイントでできる教材ということです。英文法を細かく勉強しなくても良くて、7語以下で作られているシンプルな表現だけを学んでいきます。

また、赤ちゃんが言語を習得する過程をヒントに作られているので、英語の基本が全く分からない人でも問題なく学習に入っていけます。

また、スローリスニングが採用されているので、CDの英語が早くて理解できないということもありません。ゆっくりと聞いて、それを真似していくだけなので、足元を固めながら確実に英会話を習得したいという方に特にオススメです。

 

 

(2)価格について

こちらは通販の英会話教材です。公式サイトで購入すれば「29,800円(税込)」です。送料も無料ですし、テキスト、6枚の練習用CD、4枚の演習用CD、4枚のテスト用CDがセットになっているので、決して高価すぎるとも言えません。

テキストを見ながら練習用のCDで練習を重ねて、パターンの演習は演習用のCDで行います。

 

 

(3)教材の内容について

教材の内容は、日常生活でも使える英会話を学んでいく形です。応用すればビジネスシーンでも使うことができ、ビジネス用の英語表現・英単語なども別に学習する方が良いでしょう。また、海外旅行の時の食事シーンやショッピングシーンなどにも対応していますし、コントロール会話も学ぶことができます。

・Could you speak a little more slowly?

(もう少しゆっくりと話してください。)

 

このような表現を学ぶこともできるため、相手の英語が聞き取れなくて困った時にも対応できます。他にも上手に英会話を続けるために必要な表現が学べますので、会話に詰まることが少なくなると思われます。

 

CDでは先に日本語が流れるところも特徴的です。一般的な英会話教材では、英語を聞いて日本語訳を聞くという順番が普通です。このスピークナチュラルでは日本語を先に聞くことができるため、英語を聞く前に頭の中に状況がイメージできてしまいます。それにより、英語を聞いた時に理解が早くなるのです。

 

さらに、英会話を学習することに特化した教材のため、発音トレーニングができますし、発音の仕方もイラストなどで分かりやすく学ぶことができます。また、日本人スタッフを相手にした「テレフォンレッスン」が無料で付属しています。テレフォンレッスンでは、スタッフを相手にして実力を試してみることもできますし、教えてもらうこともできます。とても便利なシステムです。

 

 

(4)メリットとデメリット

メリット

一般的な英会話教材と違って、ゆっくりとした英語で学習が進められる点です。しかも、ゆっくりとした英語を真似して上手に言えるようになったら、そのまま普通の速度で英語を聞いて話す練習もできるので、ステップアップできる感覚を味わえます。

 

デメリット

7語以下のシンプルな英語しか学べないため、 表現は簡単な物に限られてしまいます。ビギナーがネイティブの子供のような英会話をするには十分な教材ですが、普通の英会話をするためには、もう少し難易度の高い教材も使う必要があるでしょう。

 

英語が全くできない方は、このくらいに簡単な物から始める方が良いでしょう。子供のような英会話であっても、通じない訳ではありません。他の英会話教材を断念したことがある方には試してもらいたい教材です。

 

 

 

 

まとめ

fotolia_109344862_subscription_monthly_m

 

いかがでしたでしょうか。

国際化社会の中で、普段から英語に触れる機会が多くなってきています。例えば、外国人旅行者に道を尋ねられたら。スマートに返したいものですよね。

最近は無料アプリなどでも英語の勉強ができますので、まずはアプリなどで英語学習を続けるクセをつけてから、様々な教材を試すのが良いかもしれません。

今回の内容が参考になれば幸いです。

 

Sponsored Link