オリオン座流星群 2016年10月20〜22日





 

Orion constellation on night sky. Astrology concept. Silhouettes of adult man and child observing night sky.

 

暗闇の中で突然現れる、無数の流れる光。どれほど美しいものか、今年こそは見逃したくない!

そんな方々のために今回は2016年オリオン座症候群の見所や、見物のポイント等などをご紹介します。



 

 

目次

1、オリオン座流星群とは

2、2016年の見所

3、見物のポイント

4、東京近郊の天体観測場所3選
Sponsored Link




 

 

 

1、オリオン座流星群とは

Orion

毎年決まった時期にいくつかの流星群が出現します。

10月に見ることができるオリオン座流星群とはいったいどういうものなのでしょうか。

 

これは、ハレー彗星が残した宇宙の塵の中を地球が通過することから始まります。

そしてその塵が大気圏に突入してくることでみられるのが流星群です。

 

また、その出現の仕方は、天球上のある一点を中心にして放射状に散らばるように流れます。

それが北半球ではオリオン座がその放射点にあたり、まるでオリオン座から星が流れるように見えることからこの名前が付いています。

更に、速度が速く明るいので流星群のなかでも美しい天体ショーを見ることができるでしょう。

 

 

 

 

2、2016年の見所

fotolia_118369075_subscription_monthly_m

2016年の今年は、

  • 第1回目のピークが、10月21日の深夜零時~明け方にかけて、
  • 第2回目のピークが、10月22日の深夜零時~明け方にかけて、

と予想されています。

 

方角としては、東の空を見上げて下さい。

2日間も楽しめるのがうれしいですね。

 

 

 

 

3、見物のポイント

Man looking at the stars with telescope beside him.

(1)観測場所

美しい流星群をみるのにもっとも重要なのが、暗闇です。

市街地の明かりや、月明かりを避けることがもっとも大切なことになります。

 

明かりの多い東京都心では、真っ暗な場所を探すのはとても難しいため、少し郊外にでて高台や山などに行けば、信じられないほど美しい星々をみることができます。

また夜空ができるだけ広くみえる場所を確保するとより良いでしょう。

 

 

(2)観測時間

1時間で20個以上の流星群をみることも可能ですが、なかなか発見することが難しいです。都会の明かりが邪魔をして、目を凝らしても見えない場合があります。そんなときでもあきらめずに、最低15分以上は観測してみて下さい。

できるだけ長い時間ゆったり夜空を見上げていることが、オリオン座流星群に見つけるポイントです。

 

 

(3)観測時の服装

10月ともなりますと、じっと夜空をみているとしんしんと寒くなってくるものです。帽子、マフラーや手袋等の防寒着を必ず用意して、集中できるようにしましょう。

 

 

(4)観測時の持ち物

fotolia_103706954_subscription_monthly_m

長時間立って見るのは大変なので、折りたたみ椅子や、寝ころんでみられる場所でしたらレジャーシートなどがあるとリラックスして観測できるでしょう。

また、他の星の観測をするためにも星座早見盤などが手元にあると、天体ショーをじっくりと楽しめます。

さらに冷えた体を暖めるために、あたたかい飲み物は携帯したいですね。

 

 

(5)後片付け

観測後持って行ったもののゴミは必ず持ち帰りましょう。

また他の流星群が現れるときにその場所に行かれるように、見る側もきちんとマナーで観測しましょう。

 

 

 

 

4、東京近郊の天体観測場所3選

 

(1)湘南国際村(神奈川県)

fotolia_119008463_subscription_monthly_m

 

①アクセス

JR逗子駅からバス 湘南国際村センター(三浦半島中央道路経由 逗26) 約13分

 

②特徴

三浦半島の中央部にあり、高台であることから駿河湾や富士山を望むことができます。

研修所施設、居住地などに囲まれているので夜は明かりが少なく、流星群をみるのに絶好の場所です。敷地内のグリーンパークは素敵な滑り台もあり、芝生やベンチなどもあるのでゆっくりと観測できるでしょう。

 

 

(2)砧公園(東京都)

fotolia_116430105_subscription_monthly_m

 

①アクセス

東急田園都市線 用賀駅 徒歩20分

 

 

②特徴

世田谷の閑静な住宅街にあり、都心最大級の広大な敷地の公園です。

都心にありながら夜は暗いので星空を見ることができます。

公園は常時開門していて、駐車場も24時間営業で117台分まで停められます。

更に、芝生が多いのでレジャーシートをひいてゆっくり流星群を観測できるでしょう。

 

 

(3)高尾山(東京都)

fotolia_78210758_subscription_monthly_m

 

①アクセス

京王高尾線 高尾駅から400m

 

②特徴

都心から約1時間程で到着できる山です。気軽に登山ができることでも有名です。また山頂でみる満天の星空はまるで手が届きそうなほどでしょう。

さらに高尾山周辺には温泉がたくさんあるので帰りに立ち寄って見るのもよいですね。

 

 

 

 

まとめ

Heart shape of dead tree with star trails movement at night sky.

 

いかがだったでしょうか。

年に数回観測できる流星群ですが、オリオン座流星群は季節的にも楽しみやすいです。秋が深まる時期に、宇宙のはてに思いをめぐらせてみるのはいかがでしょう。

きっと素敵な思い出になるのではないでしょうか。
Sponsored Link