海外から訪れる人におすすめ 日本の観光スポット5選





 
Senso-ji Asakusa The temple of Senso-ji,Asakusa,Tokyo

 

ビザ要件の緩和や官民あげたビジットジャパンの展開、円安基調など様々な要素で訪日外国人が増加し、インバウンド消費が続いています。
また現在はオリンピックの準備も着々と進んでいますが、日本を訪れてくれた海外の方々に是非とも訪れて欲しい素晴らしい場所は全国に沢山ありますよね。

今回はその中でも選りすぐりの5選をご紹介します。

 

 

目次

1、東京の下町!浅草・浅草寺

2、日本最後の清流!四国・四万十川

3、 鎌倉の紫陽花寺!明月院

4、夏の風物詩、川床!京都・鴨川納涼床

5、美!日本ウィスキー!北海道・余市蒸留所

 

 

Sponsored Link



 

1、東京の下町!浅草・浅草寺

Cherry blossoms and the Tokyo Sky Tree in Tokyo at dusk

 

(1)アクセス

各線 浅草駅より徒歩5分

 

 

(2)特徴

江戸文化の中心として繁栄し、都内最古の寺院として親しまれている浅草の浅草寺(せんそうじ)。成田、羽田の両空港からのアクセスもよく、外国人向けの観光ガイドに必ずと言っていいほど記載され、人気スポットです。 雷門から本堂へと続く仲見世通りでは、東京のお土産から、新撰組や忍者グッズなどユニークなものが揃っています。訪日観光客向けに、着物レンタルや人力車などもあり、整備された無料WiFiで調べることができます。迫力ある神輿担ぎが見学できる三社祭は毎年5月に開催。

また浅草周辺にある、招き猫の発祥の地で、石なで猫のあるパワースポット今戸神社、日本特有の調理器具が揃うかっぱ橋、下町グルメが堪能できる浅草ホッピー通りなどにもアクセスが便利です。

大都会東京で、歴史的な日本の雰囲気を楽しむことができる場所です。

 

 

(3)注目!「東京スカイツリー」

2012年開業し、人口の建造物としては世界2位の高さを誇る東京スカイツリー。東京の新しい象徴の一つとして注目され、地上350mの展望デッキからは、晴れた日に関東平野が一望できます。また地上345mに位置するスカイレストランでは東京の素晴らしい夜景を眺めながら、日本一高い場所で新日本料理「TOKYO CUISINE」を堪能できます。

 

 

 

 

2、日本最後の清流!四国・四万十川

Fotolia_110815335_Subscription_Monthly_M

 

(1)アクセス

四国地方、高知県西部に位置する川。

 

 

(2)特徴

四国最長の大河で、本流に大規模なダムがないことから、日本最後の    清流とも言われます。カヌーに乗って川下りしたり、釣りをゆっくり楽しんだり、また四万十川沿いをトレッキングしたりと、沢山のアクティビティーのを満喫することができます。

 

 

(3)注目!「沈下橋(ちんかばし)」

一見普通の橋ですが、橋にしてはかなり低い位置にかけられています。普段は橋として利用できるのですが、雨などで増水すると橋は沈んでしまいます。
これは、流木などが橋にひっかかり橋自体が壊れないための工夫なのだそうです。
この沈下橋が本流に22本。支流とあわせると47本あります。
雨がたくさん降った日は沢山の橋が沈んだ光景を目の当たりにするでしょう。

 

 

 

 

3、 鎌倉の紫陽花寺!明月院

Fotolia_86091971_Subscription_Monthly_M

 

(1)アクセス

神奈川県北鎌倉駅下車。

 

 

(2)特徴

6月、北鎌倉駅から明月院に続く参道を歩いていくと、たくさんの紫陽花が出迎えてくれます。ほとんどが古来からの品種である、ヒメアジサイ。また青色の花を中心に植えていることから、境内は淡いブルー一色に染まります。

(3)注目!「秋の円窓」

Fotolia_110503673_Subscription_Monthly_M

 

明月院は6月の紫陽花だけではなく、秋の紅葉の季節もオススメです。それを眺める場所こそが、こちらの円窓。きれいに円にくり抜かれた向こうには本堂後庭園があります。まさに美しい絵画のようで、吸い込まれるような何とも言えない感覚を味わえるでしょう。

 

 

 

 

4、夏の風物詩、川床!京都・鴨川納涼床

Three geishas walking on a street of Gion (Kyoto, Japan)

 

(1)アクセス

京都 鴨川沿いのお店。

 

 

(2)特徴

豊臣秀吉の時代から徐々に鴨川沿いにお店が出始め、江戸時代初期には料理屋などが川の流れの上に出した床が原型と言われる古い歴史を持つ納涼床。明治に入ってから7、8月に床を出すスタイルが定着したそうです。
戦後禁じられていた納涼床を復活させ、現在では100軒程のお店が納涼床を申請して営業しています。
今年も、5月1日~9月30日まで、鴨川の右岸の二条大橋から五条大橋までの区間に高床が設置されその上でお食事を楽しめます。

 

 

(3)注目!「舞妓さん!」

京料理 眺河 先斗町では、川床を心ゆくまで堪能することできます。
舞妓さんを呼んでもらうには一週間前までの予約が必要です。
こちらの懐石料理は贅沢な味わいで、おもてなしの心や京都の古き良き文化を感じる事が出来るでしょう。

 

 

 

 

5、美!日本ウイスキー!北海道・余市蒸留所

Fotolia_78660049_Subscription_Monthly_M

 

(1)アクセス

北海道小樽市余市駅下車。

 

 

(2)特徴

世界の注目も集める日本のウイスキーを、身近に感じることができる場所です。15万平方メートルの敷地を誇る蒸留所には、ニッカウヰスキーの生い立ちを展示した博物館や、NHKドラマ「マッサン」の主人公でもある竹鶴や妻のリタが暮らした私邸の一部も見学することができます。
また、ウイスキーの製造工程についてガイド付きで紹介してくれます。

 

 

(3)注目!「ウイスキーの試飲」

ウイスキーが2種類用意され、それぞれ一杯ずつの試飲ができます。またウイスキー倶楽部では、スコットランドのパブをイメージした空間に、世界の主なウイスキーが並ぶバーカウンターがあり、一部のウイスキーを有料で実際に味わうことが出来ます。是非、日本のウイスキーと飲み比べて、口の中に広がる繊細さを感じて頂くのも良いかもしれません。

 

 

 

 

まとめ

Fotolia_65884797_Subscription_Monthly_M

 

いかがでしたでしょうか。
美しい風景や、歴史、文化、加えて礼儀や人間味も味わえる場所を訪れて貰う事で、日本の良さを存分に感じていただけるのではないでしょうか?
海外からのお客様をお連れする際の参考になりましたら幸いです。

 

Sponsored Link