まだ間に合う!絶対に行きたい2016年夏フェス・音楽フェス5選!





 

She loves this band!

 

最もアツい夏を過ごしたいのであれば、やはり夏フェスに行くのが良いでしょう。夏フェス、野外フェス、音楽フェス……など、様々な表現がありますが、全てに共通することは一つです。気の合う仲間と盛り上がれることです。

夏フェスは日本各地で行われます。出演アーティストも異なりますし、日程も様々です。

そこで、2016年の夏フェスの中で、絶対に行っておきたい夏フェスを5つ厳選しました。日程から出演アーティスト、チケットの入手方法まで完全解説しますので、アツい夏を過ごしたい方は参考にしてくださいね。

 

 

目次

1、SMASH go round 20th Anniversary FUJI ROCK FESTIVAL ’16

2、Sky Jamboree 2016 ~one pray in nagasaki~

3、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016

4、SUMMER SONIC 2016

5、ONE Music Camp 2016

 

 

 Sponsored Link




 

 

1、SMASH go round 20th Anniversary FUJI ROCK FESTIVAL ’16

fes1

 

多くの方が「フジロック」の愛称を知っているように、現在の日本で開催されているロックフェスティバルの先駆者と言っても過言ではないでしょう。2016年は20回目の開催となり、さらなる飛躍を期待できると人気が高まっています。

また、環境に配慮した運営が行われていることは世界的にも広く知られており、今では「世界一クリーンなフェス」と評価されています。大自然の中で音楽を楽しめるだけでなく、環境や自然について考える機会にもなるので、フェスの初心者で右も左も分からないのであれば、フジロックに参加してみましょう。

出演アーティストやスタッフだけが生み出すのではなく、自らもフジロックを創り出す側に立つつもりで参加することが大切です。そして、音楽と自然を満喫しましょう。

 

 

(1)いつ、どこであるの?

今年の開催は「7/22(金)、7/23(土)、7/24(日)」の三日間です。7月の後半で、学生は夏休みに入った頃です。夏休み最初のイベントには持って来いでしょう。また、社会人にとっても週末の開催なので、訪れやすいと思われます。

開場は「9:00」で、開演が「11:00」です。終演予定は「23:00」となっています。終演予定時刻が遅いこと、連日の開催になることなどから、多くの方が宿泊をします。宿泊は、キャンプ、ホテル、民泊などがあります。オフィシャルツアーセンターでホテルなどを予約することができますよ。

 

 

開催地は「新潟県湯沢町苗場スキー場」です。関越自動車道の「月夜野IC」や「湯沢IC」を利用すれば、車でのアクセスも便利です。JRの場合は新幹線を利用して「越後湯沢駅」で下車すれば、シャトルバスに乗るだけで良いですよ。ただし、シャトルバスは500円が必要になります。

また、オフィシャルツアーとして、バスや新幹線を利用するツアーがあるので、不安がある方はこちらのツアーを利用すると良いでしょう。バスツアーの場合は、全国の各都市から出発するツアーを利用すれば、会場まで直行です。分かりやすいので、初心者はこちらがオススメです。

 

 

 

(2)出演アーティストは?

フジロックは、複数あるステージで同時間帯に別々の出演アーティストが演奏を行います。そのため、全ての出演アーティストの演奏を楽しむことはできません。そこで、いつ、どのステージで自分の好きなアーティストが出演するのかを確認しておくことが必要になります。

主な出演アーティストをステージごとに紹介しておきましょう。

 

 

① GREEN STAGE(順不同、敬称略)

7/22は「SIGUR RÓS」「JAMES BLAKE」「BIFFY CLYRO」などです。

7/23は「BECK」「WILCO」「TOM ODELL」などです。

7/24は「RED HOT CHILI PEPPERS」「BEN HARPER&THE INNOCENT CRIMINAL」「2CELLOS」などです。

 

 

② WHITE STAGE(順不同、敬称略)

7/22は「DISCLOSURE」「FLIGHT FACILITIES」「Suchmos」「KOHH」などです。

7/23は「SQUAREPUSHER」「TORTOISE」「THE HEAVY」「THE COLLECTORS」などです。

7/24は「BATTLES」「Explosions In The Sky」「BABYMETAL」「SOIL&”PIM”SESSIONS」などです。

 

 

③ RED MARQUEE(順不同、敬称略)

7/22は「The Birthday」「THE BAWDIES」「COURTNEY BARNETT」「LUCKY TAPES」などです。

7/23は「KULA SHAKER」「ザ・クロマニヨンズ」「大森靖子」「THE ALBUM LEAF」などです。

7/24は「YEARS&YEARS」「JACK GARRATT」「TROYE SIVAN」「SABANNAMAN」などです。

 

 

④ FIELD OF HEAVEN(順不同、敬称略)

7/22は「THE NEW MASTERSOUNDS」「JUMP WITH JOEY」「UA」などです。

7/23は「SPECIAL OTHERS」「G.LOVE&SPECIAL SAUCE」「ROVO」などです。

7/24は「KAMASI WASHINGTON」「ERNEST RANGLIN&FRIENDS」「はちみつぱい」「dCprG」などです。

 

 

⑤ Gypsy Avalon(順不同、敬称略)

7/22は「Leyona」「NakamuraEmi」「YeYe」などです。

7/23は「Kan Sano」「松崎ナオ」「臼井ミトンwith 中條卓+沼澤尚」などです。

7/24は「BimBamBoom」「PENGUIN」「ザ・なつやすみバンド」などです。

 

 

⑥ ORANGE CAFE(順不同、敬称略)

7/22は「野笛とタイヂ~地味変」「THE END」などです。

7/23は「ミーワムーラ&ヘルメッツ大谷」「AZUMI」などです。

7/24は「義理と人情(AZUMI/EMI)」「泉邦宏」などです。

この他にも、多くのアーティストが出演する予定です。出演するアーティストが多いため、これ以上は紹介できないので、詳細は公式サイトで確認してください。

公式サイト:http://www.fujirockfestival.com/

 

 

 

(3)チケットはどこで買えるの?

主なチケット販売サイト、サイトのリンクを紹介します。。

最も良いのは「イープラス」です。こちらでは全券種の取り扱いがあり、PC、スマートフォンなどでも24時間アクセスできるので、とても便利です。

 

価格は1日券「19,000円(税込)」、2日券「36,000円(税込)」、3日通し券「43,000円(税込)」などとなっています。駐車券、キャンプサイト券などもありますので、それぞれを利用する場合には、そちらも購入しておきましょう。なお、ムーンキャラバンチケット(オートキャンプ施設「MOON CARAVAN」を利用できるチケット)は、イープラスのみの取り扱いなので、注意が必要です。

イープラス:http://eplus.jp/

 

 

他にもいくつかのサイト、店頭で購入できます。詳細は公式サイトで確認しましょう。

公式サイト(チケット購入方法):http://www.fujirockfestival.com/ticket/

 

 

なお、オフィシャルツアーを申し込みたい方は「FRF オフィシャルツアーセンター」に確認しましょう。企画販売・実施は「株式会社コラボレーション」です。

FRF オフィシャルツアーセンター:http://www3.collaborationtours.com/

 

 

 

2、Sky Jamboree 2016 ~one pray in nagasaki~

fes2

 

この「Sky Jamboree」は、長崎で開催されるということもあり、九州では圧倒的な人気があるロックフェスティバルです。しかも、1999年にスタートして以来、長く愛されていて夏の恒例行事と考えている九州人も多いようです。

過去の出演者も素晴らしい顔ぶれが揃っており、音楽に精通している方は外せないと考える人が多くいます。今年の出演アーティストも人気の高いアーティストが多く、チケットの早期完売も予測されています。

 

 

(1)いつ、どこであるの?

今年の開催は「8/21(日)」です。夏休みの最後を締めくくるイベントと考えている方もいるようです。雨天決行の予定となっていますが、荒天となってしまった場合には中止になることもあります。

 

開場は「10:00」で、開演が「11:30」となっています。終演は「20:30」の予定で、そこまで遅くはないですが、遠距離から参加する場合には宿泊することも視野に入れておく方が良いでしょう。

 

場所は「長崎市稲佐山公園野外ステージ」です。場所が分かりにくいかも知れないので、シャトルバスを利用することが良いでしょう。片道500円、往復1,000円が必要になりますが、長崎駅から徒歩約7分の場所に発着所があるので、とても便利になっています。

九州各地からはバスツアーがあり、高校生以下は1,000円引きになる特典もあるので、九州に在住の方はこちらを利用するのも良いでしょう。

 

 

 

(2)出演アーティストは?

過去の出演アーティストも有名人が多いのですが、今年の出演アーティストも人気の高いアーティストが名を連ねています。一部を紹介しておきましょう。

 

出演アーティスト(順不同、敬称略)

ザ・クロマニヨンズ、Dragon Ash、RIP SLYME、ASIAN KUNG-FU GENERATION、10-FEET、ストレイテナー……などとなっています。特に人気の高いアーティストをピックアップして紹介しましたが、他にも数組のアーティストが出演予定になっていますので、詳細は公式サイトで確認してください。

公式サイトURL:http://www.skyj.jp/

 

 

 

(3)チケットはどこで買えるの?

チケットはいくつかのサイト、店頭で購入できます。先行販売を除き、一般販売は「6/19(日)10:00」からです。前売り価格で、一般が「7,560円(税込)」で、高校生以下は「6,480円(税込)」となっています。

 

チケットぴあPG/セブンイレブン、サークルKサンクス各店、ローソンチケットPG/ローソン・ミニストップ各店、イープラス/ファミリーマート各店などでチケットは購入できます。

チケットぴあ:http://t.pia.jp/

 

イープラス:

http://eplus.jp/

 

オフィシャルバスツアーは「JTB」が主催です。九州各地からのみですが、便利ですし、比較的安く利用できます。詳細はJTBの専用ページで確認しましょう。

Sky Jamboree2016 JTBオフィシャルバスツアーURL:

http://www.jtb.co.jp/

 

 

 

3、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016

fes3

 

この「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」はニッポン放送が主催していることもあり、現在国内で人気を博しているバンド、J-POPの歌手が多数出演します。多くの有名アーティストの出演が期待できるのも、メディアの力なのかも知れません。

また、開催地が「国営ひたち海浜公園」ということもあり、都内からでも訪れやすいというメリットがあります。開催が二週にまたがっているため、社会人でも休みを取って参加しやすいというメリットも人気がある秘密なのかも知れません。また、圧倒的に多数のアーティストが出演予定なので、自分の好きなアーティストが出演する日だけでなく、全ての日程で出演アーティストをチェックする方が良いでしょう。

 

 

 

(1)いつ、どこであるの?

今年の開催は「8/6(土)、8/7(日)、8/13(土)、8/14(日)」の四日間です。学生なら夏休みのど真ん中ですし、週末なので、社会人でも休みという方も少なくないでしょうね。都内からも近いので、日帰りも十分楽しめます。

 

開場は「8:00」で、開演は「10:30」です。終演は「19:30」が予定されているので、都内なら終演後に帰宅することも難しくないでしょう。遠距離からの参加の場合は、宿泊を考える必要があるかも知れませんが、終演の時間帯を考えると、夜行バスでも良いかも知れません。

会場は「茨城県ひたちなか市国営ひたち海浜公園」です。車でも高速道路が整備されている場所なので、とても便利です。

 

常磐自動車道 友部JCT~北関東自動車道~ひたちなかI.C.などを経由すれば、分かりやすいでしょう。また、JR常磐線勝田駅・水戸駅・阿字ヶ浦からはシャトルバスがあるので、JRを利用しても良いかも知れませんね。

新宿、横浜、池袋、名古屋、京都、大阪、仙台などからは、バスを利用した会場への直行アクセスツアー・宿泊プランがあるので、不安な場合はこちらを利用しても良いでしょう。

 

 

 

(2)出演アーティストは?

開催日ごとに出演するアーティストが異なります。多彩なアーティストが顔を揃えていますので、好きなアーティストに狙いを定めてチケットを購入する方が良いでしょう。

ここでは、各日程で出演する予定のアーティストを紹介します。ですが、全てのアーティストを紹介することはできませんので、特に人気の高いアーティストに絞って紹介します。

 

 

① 8/6(土)の出演アーティスト(順不同、敬称略)

赤い公園、indigo la End、UVERworld、Aimer、ORIGINAL LOVE、キュウソネコカミ、KEMURI、Cocco、小林太郎、スキマスイッチ、手嶌葵、Dragon Ash、中島美嘉、HAN-KUN、BABYMETAL、星野源、miwaなどです。

 

 

② 8/7(日)の出演アーティスト(順不同、敬称略)

藍井エイル、家入レオ、いきものがかり、エレファントカシマシ、大塚愛、ORANGE RANGE、加藤ミリヤ、木村カエラ、Xmas Eileen、ゲスの極み乙女。、水曜日のカンパネラ、Chara、TRICERATOPS、NUBO、BUMP OF CHICKEN、フレデリック、真心ブラザーズ、RIP SLYMEなどです。

 

 

③ 8/13(土)の出演アーティスト(順不同、敬称略)

Aqua Timez、avengers in sci-fi、[Alexandros]、THE YELLOW MONKEY、ウソツキ、KANA-BOOM、感覚ピエロ、Kidori Kidori、クリープハイプ、Crystal Lake、KREVA、ゴールデンボンバー、さユり、シシド・カフカ、SWANKY DANK、でんぱ組.inc、ナオト・インティライミ、フジファブリック、BLUE ENCOUNTなどです。

 

 

④ 8/14(日)の出演アーティスト(順不同、敬称略)

ASIAN KUNG-FU GENERATION、androp、岩崎愛、岡崎体育、OKAMOTO’S、CAPSULE、きゃりーぱみゅぱみゅ、℃-ute、GOOD ON THE REEL、黒木渚、Silent Siren、サンボマスター、湘南乃風、Superfly、TOTALFAT、ねごと、パスピエ、PUFFY、藤巻亮太、MONGOL800、LiSAなどです。

各方面で人気の高いアーティストに絞って紹介しましたが、ここで紹介しなかったアーティストの中にも人気の高い方は多くいます。全てを紹介できなかっただけなので、できれば、公式サイトで出演アーティストを確認してください。

公式サイト⇒http://rijfes.jp/2016/artist

 

 

 

(3)チケットはどこで買えるの?

次回のチケット販売の申し込み日時が決定していません。情報が公開されると思われるのは「公式サイト」「RO69」などです。それぞれのサイトをチェックしておけば、良いでしょう。

公式サイトの情報などを確認する限り、近いうちに次回のチケット販売に関する情報が公開されそうです。見逃さないようにチェックを怠らない方が良いですよ。

公式サイトURL⇒http://rijfes.jp/

RO69 URL⇒http://ro69.jp/

 

 

 

4、SUMMER SONIC 2016

fes4

 

東京会場と大阪会場で行われている都市型夏フェスです。都市型と謳うだけあり、気軽に参加できる点が高評価を得ています。また、日帰りする方も多く、東京や大阪の近郊に住む方にとっては日帰りイベントという様相が強いと言えます。

訪れる方の年代も幅広く、近年は10~40代までが参加しています。また、10代の初心者でも気軽に参加できる夏フェスと言えます。洋楽、J-POP、アイドル……と、様々なジャンルのアーティストが出演しているため、雑多な印象がある反面、多くのファンを虜にする商業性の高い夏フェスとも称されています。

 

 

(1)いつ、どこであるの?

今年の開催は「8/20(土)、8/21(日)」です。東京と大阪の二つの会場で同時に行われます。それぞれの会場の通し券はありますが、二つの会場にまたがる通し券はないため、それぞれの会場を訪れたい場合には注意が必要です。

 

東京会場は「QVCマリンフィールド&幕張メッセ」で、両日ともに開場が「9:00」で開演が「11:00」となっています。日帰りができる場所と言えますが、一般駐車場に限りがあるため、公共の交通機関を使う方が無難です。最寄り駅は「JR京葉線海浜幕張駅」で、幕張メッセは徒歩約7分、QVCマリンフィールドが徒歩約15分です。

 

大阪会場は「舞洲サマーソニック大阪特設会場」で、両日ともに開場が「10:00」で開演が「11:00」となっています。こちらは車で訪れる方が便利かも知れません。ですが、近隣の駐車場は思っているよりも少ないと言えます。特別の駐車スペースが設けられるのですが、混み合うため推奨できません。公共の交通機関を利用する方が無難です。最寄り駅は「地下鉄コスモスクエア駅(南港)/JR桜島駅」です。その後、有料のシャトルバスがあるので、そちらを利用するのが便利です。

 

(2)出演アーティストは?

数組の出演アーティストは東京会場のみなどと限定されていますが、多くのアーティストが日替わりでそれぞれの会場に出演する予定となっています。そのため、ここでは東京会場の日付で出演アーティストを紹介します。

 

① 8/20(土)の出演アーティスト(順不同・敬称略)

・MARINE STAGE:

「UNDERWORLD」「FERGIE」「WEEZER」「星野源」などです。

 

・MOUNTAIN STAGE:

「THEOFFSPRING」「PENTATONIX」「CHARLIE PUTH」「RAT BOY」「THE STRUTS」などです。

 

・SONIC STAGE:

「AT THE DRIVE-IN」「BULLET FOR MY VALENTINE」「BILLY TALENT」「PVRIS」などです。

 

・RAINBOW STAGE:

「和楽器バンド」「青木場俊介」「LiSA」「MONOEYES」「BLACK HONEY」「あゆみくりかまき」「CHiCO with HoneyWorks」などです

 

・BEACH STAGE:

「THE CHAINSMOKERS」「VINAI」「SAM FELDT」「RADIO FISH」などです。

 

・GARDEN STAGE:

「HIATUS KAIYOTE」「ハナレグミ」「Cero」などです。

 

・PARK STAGE:

「KNOCK OUT MONKEY」「dustbox」「OZROSAURUS」などです。

 

・ISLAND STAGE:

「HUSH」などです。

こちらで紹介したアーティストは、一部のアーティストを除き、8/21(日)の大阪会場に出演予定です。

 

② 8/21(日)の出演アーティスト(順不同・敬称略)

・MARINE STAGE:

「RADIOHEAD」「サカナクション」「THE YELLOW MONKEY」「ELLE KING」などです。

 

・MOUNTAIN STAGE:

「FLO RIDA」「MARK RONSON」「THE JACKSONS」「MAYER HAWTHORNE」などです。

 

・SONIC STAGE:

「THE 1975」「JAMES BAY」「KING」「SUNFLOWER BEAN」などです。

 

・RAINBOW STAGE:

「阿部真央」「和田アキ子」「SLAVES」「plenty」「ゴールデンボンバー」などです。

 

・BEACH STAGE:

「LARRY GRAHAM & GRAHAM CENTRAL STATION」「SWV」「ZICO」などです。

 

・GARDEN STAGE:

「クラムボン」「元ちとせ with UQiYO」「BADBADNOTGOOD」などです。

 

・PARK STAGE:

「SWANKY DANK」「WHITE ASH」「FIRE BALL」などです。

 

・ISLAND STAGE:

「LaiSee(利事)」などです。

 

こちらで紹介したアーティストは、一部のアーティストを除き、8/20(土)の大阪会場に出演予定です。

 

 

 

(3)チケットはどこで買えるの?

チケットは、東京会場と大阪会場で販売されている場所が違います。どちらの会場のチケットも販売しているサイトもありますが、東京会場のチケットのみを販売しているところもあるので、注意しておきましょう。また、価格も会場で違うため、注意が必要です。ここでは、東京会場、大阪会場の両方のチケットを販売している場所を紹介します。

 

東京会場は1日券が「16,500円(税込)」で、プラチナチケットは「30,000円(税込)」です。2日券は「30,500円(税込)」となっています。

 

大阪会場は1日券が「14,000円(税込)」で、プラチナチケットは「25,000円(税込)」です。2日券は「25,500円(税込)」となっています。

 

販売しているのは、イープラス、ローチケHMV、チケットぴあ、楽天チケットなどです。それぞれのサイトのURLは以下の通りです。

公式サイト:http://www.summersonic.com/2016/

イープラス:http://eplus.jp/ss/

ローチケHMV:http://l-tike.com/summersonic2016/

チケットぴあ:http://pia.jp/t/ss/

楽天チケット:http://r-t.jp/summersonic

 

 

 

5、ONE Music Camp 2016

fes5

 

こちらの「ONE Music Camp 2016」は、みんなで遊ぶフェスと銘打っていることからも分かるように、ファミリーで参加しやすいフェスとなっています。フードコートやアスレチックフィールドなどがあり、子供と一緒にバーベキューやアスレチックで楽しむつもりで参加するというのも良いかも知れませんね。また、音楽を楽しめる本格的なフェスは気が引けるという方でも参加しやすいと言えます。

例年、家族連れで参加している方もいるので、小さいお子さんと一緒に参加するというのも良いかも知れません。また、小学生以下は無料で入場できるので、費用の面も心配しなくて良いですよ。

 

 

 

(1)いつ、どこであるの?

今年の開催は「8/20(土)」です。週末の開催ですが、実際には「オールナイト」です。既にバンガローの予約はいっぱいになっていますが、テントサイト(無料)、簡易宿泊部屋などがあるため、オールナイトでも安心です。

開場は「10:30」で開演は「12:00」の予定ですが、変更の可能性もあるので、公式サイトをチェックしておきましょう。公演は上記の通り「オールナイト」です。

 

会場は「兵庫県三田アスレチック野外ステージ」です。近隣に他の駐車場などがなく、車で訪れたい場合には必ず「入場券+駐車券セット」を購入しましょう。三田アスレチックの駐車場は「50台」の収容台数です。ただし、2輪車は駐車無料なので、バイクなどを利用する方はご安心ください。

 

アクセスは「JR三田駅」で下車。神姫バスの「波豆川行き」に乗り、波豆川で下車して徒歩約20分です。駐車場の収容台数を考えると、歩くことも視野に入れておくか、車への乗り合わせで訪れるようにしましょう。

 

 

 

(2)出演アーティストは?

出演アーティストは続々と発表されています。現在までに発表されたアーティストの中から、人気の高いアーティストを紹介しておきましょう。

 

出演アーティスト(順不同・敬称略)

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、ドミコ、ワンダフルボーイズ、あらかじめ決められた恋人たちへ、Tempalay、fula、of Montreal、MASS OF THE FERMENTING DREGS、曽我部恵一、Muff、MOSTER大陸、SODA!などです。

 

紹介したアーティスト以外にも、出演するアーティストは多く予定されています。詳しくは公式サイトで確認しましょう。

公式サイト⇒http://www.onemusiccamp.com/

 

 

 

(3)チケットはどこで買えるの?

チケットが購入できるサイトはいくつかあります。販売されているサイトが少ないので、一ヶ所で売り切れが出てしまうと、他のサイトでも売り切れてしまう恐れがあります。十分に注意しておきましょう。

 

入場券は前売り「5,500円」です。また、入場券と駐車券のセットは前売り「7,500円」です。当日券は、入場券が「6,500円」で入場券と駐車券のセットが「9,000円」です。

 

販売しているサイトは、チケットぴあ、セブンチケット、イープラスです。それぞれのサイトのURLは以下の通りです。

チケットぴあ:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1610991

セブンチケット:http://7ticket.jp/s/043153/p/20160820/1

イープラス:http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002178918P0030001

公式サイトのチケット購入の項目にもリンクがあります。迷った時は公式サイトをチェックしてみましょう。

公式サイト:http://www.onemusiccamp.com/

 

 

 

まとめ

fes_map

 

現在、夏に開催されるフェスは日本中にあり、その数も数え切れないくらいになっています。本当の音楽ファンが集まるフェスから、家族で気軽に参加できるフェスまで様々です。友達や家族など一緒に楽しみたい相手と自分の環境に合ったフェスを選びましょう。

 
Sponsored Link