週末プチ断食で体をリセット!体を内側からキレイにする方法





 
Nasermpfen

 

金曜日の夜から、土曜日、日曜日の週末3日間を使っておこなうプチ断食が、健康や美容に効果があると話題になっています。正しいやり方と、その効果について、詳しく解説します。

 

目次

1、週末プチ断食とは?

2、週末3日間の過ごし方

3、プチ断食の効果は?

 

 

Sponsored Link




 

 

1、週末プチ断食とは?

断食とは、ズバリ、食べ物を断つことですが、週末プチ断食は、3日間食事を全くしないというものではありません。実質的な断食日は、土曜日の1日だけです。金曜日は、土曜日の断食に備えた予備日、日曜日は断食後に普段の食事へと戻す調整をおこなう復食日になっています。予備日、断食日、回復日の3ステップを、金曜日~日曜日にかけておこなうのが週末プチ断食なのです。

 

 

 

 

2、週末3日間の過ごし方

では、具体的に、どのように過ごせばいいのでしょうか。1日ごとに、正しいやり方を説明しましょう。

 

(1)金曜日(予備日)

金曜日の昼食から、断食の準備を始めます。土曜日の断食に備えて、体への負担を少なくするために、昼食は普段よりも少し軽めにしておきます。

そして夕食は、普段の半量程度にします。少しづつ、胃に入る食べ物の量を減らし、体を慣らしていきます。胃に負担をかけるような脂っこいものや糖分が多いもの、消化に悪いものは避けましょう。

お酒やタバコ、コーヒーもNGです。空腹がストレスにならないよう、早目に眠ることをオススメします。

 

 

 

(2)土曜日(断食日)

土曜日は1日、食事を断ちます。

しかし、何も口にしてはいけないわけではありません。固形物は消化器官を休ませるために控えますが、水分の補給はいつでもおこなって大丈夫です。

断食のストレスを和らげる飲み物として、週末プチ断食では、野菜ジュースやしょうが紅茶、豆乳、スムージーなどが人気です。ただし、市販の野菜ジュースのように、糖分が高い飲み物は500ml程度までにします。できれば、自宅のミキサーで作る手作りの野菜ジュースがオススメです。

水やお茶など、カロリーのない飲み物であれば、いつどれだけ摂ってもかまいません。

外出など、体力を消耗する行動は避け、家で本やDVDを見ながら静かに過ごしましょう。

 

 

 

(3)日曜日(回復日)

土曜日の断食を経て、消化器官は休んだ状態になっています。

そこに急激に通常の食事を流し込むと、大きな負担がかかります。体がゆっくりと対応できるように、消化の良いものを、少しづつ摂取します。

3日間の中で、この回復日をどう過ごすかが一番重要なのです。

小さくなっている胃に負担をかけないよう、おかゆなどの消化の良いものを、普段の半量からスタートします。

この1日で、普段の食事に戻すというよりも、2日ほどかけて戻していくイメージで食事を摂ります。

よく噛んで食べることも大切です。脂っこいものなど、消化に負担がかかるようなものは控えましょう。

 

 

 

 

3、プチ断食の効果は?

断食によって食事の量=摂取カロリーが減りますので、体重が減少するというダイエット効果があります。

また、一般的な食事で過剰になりがちな消化、吸収が抑えられるため、内臓が休まり、溜まった宿便が排泄されてお腹がスッキリとします。

このようなデトックス効果によって、体が内側からキレイになるため、体内の臓器が活発に働き、新陳代謝が活性化されることで細胞がイキイキとし、美肌効果も生まれます。ニキビや吹き出物などにも効果があります。

 

 

 

 

まとめ

wiegen

 

週末の時間を有効に使って、気軽にトライできるプチ断食が人気の理由がわかりましたか?

内臓を回復させ、宿便を排泄し、体を内側から活性化することで、美容にも効果があります。3日間の手順をしっかり守って、健康と美容のために試してみてください。

 

Sponsored Link